<< 原発再稼働で思うこと | main | 三陸町越喜来地区から綾里地区 >>
2013.04.19 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.04.07 Saturday

    釜石市唐丹地区大石漁港

    0
       

      おはようございます。
      桜の季節ですね。
      関東にいる私も昨日、花見にいってきました。
      満開ですね。
      子孫を作る方法のための花なのに、どうしてあのようにたくさん咲かせるのだろうかと
      単純の思ってしまいます。


      さてさて、今日の写真は、釜石市唐丹地区大石漁港です。
      この大石漁港は、去年の8月、釣りでお世話になっった地区です。

      唐丹地区の国道45号線のから海側に入っていきます。

      oishi040601


      oishi040602

      大石漁港までの道は狭いです。

      oishi040603

      この写真は先月のもので、まだ雪が道の脇にあります。

      oishi040604


      震災で道が傷んでいるところも見受けられます。

      oishi040605

      この看板をみると、大石漁港がもう近くだという感覚になります。

      oishi040606


      oishi040607


      坂をくだっていくと、大石の集落です。

      oishi040608


      oishi040609


      大石小学校がありますが、ここはすでに少子化で閉校されていて、
      現在では校庭に仮設住宅が建っています。

      oishi040610


      大石の集落です。
      奥にみられるのが漁港です。

      oishi040611

      oishi040612

      とった写真をどんどん載せていきます。

      oishi040613

      oishi040614


      このあたりの地域はまだ土地が高くて家屋が津波で流されていません。

      oishi040615


      しかし、すこし下がったところでは、写真中央のように家屋がなくなってしまっています。

      oishi040616


      そして大石漁港です。

      oishi040617

      oishi040619


      漁港内のスロープには緑や褐色の海藻がたくさんはえています。

      oishi040643

      海藻の上に並んでいるカモメですが、
      名前はそのままカモメという種類です。

      oishi040620


      漁港近くの斜面にある針葉樹林は伐採されていました。
      津波がかぶり樹木が枯れて、それを伐採したものだと思われます。

      oishi040623


      oishi040624


      三陸地方の山ではときおり大きな規模で針葉樹が切られている跡がみられます。
      新しい建築物のための建材になっていくのだと思われます。


      oishi040621


      大石漁港の海のほうへもどります。

      oishi040622


      oishi040625


      oishi040626

      大石漁港の風景です。


      oishi040627

      多数の小型の船外機が並んでいます。
      ワカメやウニアワビの漁がすすめられているのでしょうか。

      oishi040631


      oishi040632




      oishi040628

      足下をみると、海藻です。
      フノリがテトラポッドにびっしり生えています。
      美味しそうです。

      oishi040629


      oishi040630


      唐丹湾です。
      去年の夏はサバがやってきて、たくさん釣れました。


      oishi040633

      海をみているとカモをみつけました。

      oishi040634


      oishi040635


      変な模様のカモですが、名前をシノリガモといいます。
      三陸の荒い波にも積極的に泳いで餌をとるカモです。


      漁港内の足下です。

      oishi040637

      これはマツモです。
      これも美味しい海藻です。
      たくさん生えていました。

      oishi040638


      oishi040639


      大石の集落の全体像です。
      写真の下のほうの家屋は津波でなくなってしまっています。

      oishi040640


      oishi040641

      樹木の上にはまだブイがひっかかっています。
      津波の高さを物語るものです。

      oishi040642


      小さな砂浜もあります。
      このくらいの小さな浜は小さな子供と海で遊ぶにはもってこいでしょうね。

      oishi040646


      さてさて、大石漁港でした。
      大石漁港はすこし思い出があって、
      サバを釣りにきたときの事です。
      何匹も何十匹もサバをつって帰ろうとしたとき、地元の人もっテトラポッドの隙間をねらって
      根魚をつっていました。そのときに話して大石のこと、津波のことなどを聞かせてもらいました。なんだかとってものんびり海とむかいあって生活されているのがにじみ出ていました。

      人も釣りでもすてきな地域です。



      ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
      押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

               ↓↓


       にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
      ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
      2013.04.19 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        三陸のつぶやき
        三陸へつぶやき
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM