<< あけましておめでとうございます | main | 大槌町の安渡地区 >>
2013.04.19 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.01.02 Monday

    大槌町へ

    0
      JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜


      こんばんは。
      今年も震災復興ブログよろしくお願いします。

      まだ、関東で正月気分の私ですが、なんだか正月ぼけをしています。
      テレビをみたり、知り合いにあってゆっくりしたり、日本の正月を満喫しております。


      さて、去年のブログの続きです。
      写真は12月下旬のものなので、いくらか時差がでてしまいますが、せっかくとってきた写真なので、ご覧ください。


      釜石市北部の町、鵜住居町から大槌町へ向います。

      大槌町は港町で、津波の被害を大きく受けた地域です。
      三陸地方の港町なため背には切り立った山々、海は湾が太平洋に大きく開いた形になっていて、港町を中心に津波が襲い、岩手県内では陸前高田と同程度の死者、行方不明者をだした地域です。さらに、火災や市役所はもちろんのこと、市長もなくなり、一時は孤立した状態になった大変な地域です。


      鵜住居地域から大槌町へ向います。


      osuchi010201


      osuchi010202

      トンネルを越えると大槌町です。


      osuchi010203


      osuchi010204

      大槌町のショッピングモールのマストがあります。
      この国道45号線沿いの商業施設も被災しました。


      osuchi010205

      写真は12月中旬のもので、12月下旬には再オープンしたニュースをみています。

      敷地内にはいってみます。

      osuchi010206

      となりにあるホームセンーのホーマック。
      こちらは営業を再開しています。

      osuchi010207

      osuchi010208

      このように敷地内にはまだっ建築関係の機材がおいてあります。


      osuchi010209

      osuchi010210


      osuchi010211


      海からは何キロかある場所ですが、近くに川があります。
      津波は殿地域でも川をさかのぼって被害を与えています。

      osuchi010212

      あたりの写真をとります。

      osuchi010213


      場所を移動します。
      マストをはなれて、安渡、赤浜地区を目指します。
      この二つの地区は海に面しており、中でも非常に大きな被害を受けた地区です。

      夏に一度きたことがありますが、その後どうなっているか様子を見に行きます。

      osuchi010214

      以前来たときは、道路は舗装はされていなく、ぬかるみの中、車を進めた記憶があります。
      主要な生活道路は、すでに舗装が完了しているようです。

      osuchi010215

      仮設のお店や改装された建物が見られます。

      どんどん進みます。

      osuchi010216

      瓦礫がなくなり更地になっているところも、以前と比べて大きく異なっている点です。

      osuchi010217


      osuchi010218


      osuchi010219


      理容店や美容院は早い段階で営業が再開されている様子がありましたが、
      ここ大槌でもおなじでしょうか。他の業種と比べ
      必要な機材が集まりやすかったのでしょうか。

      osuchi010220


      電柱も張り巡らされ、インフラもどんどん工事が進んでいるようでした。

      osuchi010221


      osuchi010222


      火災が起きたものについては、塗料が燃えてしまい金属がむき出しになるためか、
      赤いさびが目立ち、火災にあったということがみてとれます。


      osuchi010223

      また、まだ現在取り壊しているという建物もあります。
      一度は残したものの強度的に結局だめだったということで取り壊されるものも多くみられます。


      osuchi010223


      osuchi010225


      osuchi010226


      osuchi010227

      大槌町立図書館です。
      レンガ作りの重厚な建物はどの地区でもよく残っています。
      ただ、中はたいへんなダメージを受けています。


      osuchi010235

      津波で地形が変わってしまい、場所によっては土地にくぼみができてしまい、水がたまってしまっている場所もあります。

      ボランティアの方はこのような地で衛生状況の悪化や蚊などの繁殖を押さえるために、
      土砂でつまってしまった下水道を人海戦術で泥等を出して、整備している様子を以前はよく目にしました。


      osuchi010233


      安渡地区はもう少しさきです。


      osuchi010237


      上の写真のように一回部分は被害をうけて2、3階部分は生き残っている建物はよく目にします。


      osuchi010238


      橋を渡ります。
      この橋の上を津波が来たようです。

      osuchi010239


      きれいに水の流れが想像できるように現在もその被災の様子が見られます。


      安渡、赤浜地区はすぐそこです。
      大槌町の様子はまだ続きます。





       
      ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
      押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

               ↓↓


       にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
      ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
      2013.04.19 Friday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        三陸のつぶやき
        三陸へつぶやき
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM