2013.04.19 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.05.24 Thursday

    北里大学(OBによるリレーエッセイ)

    4
    おばんです!

    今日は、毎週土曜日、東海新報に連載されている、北里大三陸キャンパスOBによるリレーエッセイについてお伝えします。
    「第二の故郷・三陸へ〜北里大学卒業生からのメッセージ〜」というタイトルのとおり、
    毎回、三陸への熱い思いが綴られています。連載は6月まで続く予定だそうです。

    海洋生命科学部の学生さんが、三陸キャンパスから相模原キャンパスに移って一年。
    3月には卒業生有志が、三陸キャンパスで「三陸を語らう会」を開催したり、
    キャンパス移転後も多くの海洋生命科学部の学生さんが三陸の地をなつかしんで再訪してくれているようです。

    また、同大の教授の呼び掛けに多くの潜水部OBのみなさんが集まり、
    越喜来漁協の漁場で潜水調査のボランティアをしてくださいました。
    収集した調査データは、漁場復活にむけて活用されるようです。

    OBや学生さんの中には、津波への防災意識があまりない地域の出身者も少なくなかったと思います。
    津波への予備知識があった地元住民も驚愕した大津波・・・
    「なんぼ おっかない思いしたったべー」と、北里のOBのみなさんや学生さんが三陸のことを想ってくれているように、
    三陸の方々も北里大学のみなさんのことを想っています。

    相模原で、元気に過ごしてっぺが・・・
    元気に海洋生物の研究してけらいよ・・・
    離れた地から、三陸のことを想ってくれてありがとね・・・
    三陸・大船渡のオラ達も、あんだ達に負けないくらい応援してっからね・・・。
    フレーフレー海洋生命科学部!


    ↓ 写真は、3月23日のikananbaoさん記事より拝借したもの


    kitasato032302


    気仙語講座機  屬ばねやみ」(訳:めんどくさがり屋)


    ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
    押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

             ↓↓


     にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
    ブログランキング ランキングはこちらをクリック!


    2012.03.23 Friday

    北里大学海洋生命学部

    8
    JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜


    こんにちは。
    明日、三陸をたつわけですが、
    最後に母校は見ておかないとと思い、載せておきます。

    大船渡市三陸町崎浜にある校舎です。

    kitasato032302

    kitasato032303


    大学は、相模原へ撤退することがきまっているそうです。
    相模原にはすでに大きな校舎の建設が始まっているそうです。
    ただ、くわしくはわかりませんが、今まで蓄えてきたデータや学術的な標本などを考えると、この校舎は大学の出先機関になるのではないかと思います。
    大学生や大学院生でもこちらに赴いて卒論を書く人がゆくゆくはでてくるのではないかと思っています。

    kitasato032304

    kitasato032305


    古い校舎の3つのビルは震災の損傷も大きく取壊しとなるそうです。

    kitasato032306


    kitasato032307


    この白と茶色の建物が私が三陸キャンパスにやってきたときにありました。
    3年生になると、新しいマリンホールができて、学食や講堂が充実しました。

    kitasato032308



    kitasato032309


    上の写真の駐車場は、私が学生のときは、水槽が並んで研究に使われていました。
    失礼して中に入ってみると、私が学生のときになかった水槽の施設や散策路などがありました。学生のときにあれば、きっと散策の道はいってたろうなと思ってしまいました。

    kitasato032310

    大学近くの看板です。
    大学のOBOGの方には懐かしい標識ではないでしょうか。

    震災で大学生のいないキャンパスになってしまいましたが、
    今後の活用を期待せざるをえません。


     
    ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
    押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

             ↓↓


     にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
    ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
    2012.03.21 Wednesday

    三陸町の自然の海岸と小壁漁港

    0
      JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜


      おはようございます。
      今朝も東北の春らしい三陸地方です。

      最近、気づいたこと。
      大船渡の三陸町の越喜来小学校の校庭にはまだたくさんの瓦礫があります。
      これは、去年の夏頃までは普通の事だったのですが、
      大船渡や陸前高田は、別の地域に瓦礫処理施設を設置し、
      市内の学校の校庭にあった瓦礫はみるみるへっていって、現在はほとんど学校の校庭に瓦礫がある学校はなくなってしまいました。

      大船渡の赤崎小学校、中学校、陸前高田の気仙中学校、気仙小学校などは以前は山のように瓦礫があったのですが、現在はきれいに取り除かれています。

      それと比べると、三陸町の越喜来小学校はまだまだ大量の瓦礫があり、
      作業員の方が多く詰めかけています。

      越喜来小学校は、海が望めて、川があり、あたりは被災地なので、
      近頃、いろいろなところで片付いてきた被災地の中では、今の越喜来小学校はマスコミの方からすると、この前の報道ステーションの長渕剛がやってきたことといい、被災地を語る上でいい絵がとれる場所になってきているのかなと思ってしまいます。


      さて、今日の写真は三陸町、崎浜の小壁漁港です。
      小壁漁港は、前にも書きましたが、大きな被害が見られませんでした。
      ほとんどあたりが、自然の海岸ということもあります。

      kokabe031801


      三陸町の越喜来半島の吉浜湾側の接しています。
      途中、北里大学のわきを通っていきます。

      kokabe031802



      kokabe031803


      kokabe031804


      小壁漁港への道は自然がいっぱいです。
      野生の鹿や様々な野鳥が現れます。


      kokabe031805



      kokabe031806

      どんどん、進みます。
      路肩が崩れている場所があります。
      このような人通りがすくない道はまだまだ修繕が進んでいません。
      大きな規模で路肩が崩れていたら、斜面から土のうを積んでいくという大規模な工事になります。


      kokabe031807


      kokabe031808


      山道を走ってきて、
      海が見えてきました。

      kokabe031809

      あとは、坂を下っていくと小壁漁港です。

      kokabe031810

      一つ、高架橋(そんな名前ではないかも?はしらしいもの)を渡るのですが、
      その橋の入り口は大きな段差になっています。

      普通車だゆっくり通って、やっと通過できるほどの段差です。


      kokabe031811

      kokabe031812

      この橋からみえる吉浜湾の風景は絶景です。
      青い海、切り立った三陸地方のリアス式海岸がみられます。


      kokabe031815

      kokabe031816


      坂を下って港を目指します。

      kokabe031817


      10年以上前ではこのような切り立った崖にはカモシカがよく見られました。
      が、震災後、野生のホンドシカは本当によくいますが、カモシカはあまり目にしません。

      kokabe031818

      崖から海をのぞくと、小さな入り江がありました。
      冬の海ということもありますが、うす青の色がついた美しい水の色がでています。

      kokabe031820

      小壁漁港に到着です。
      釣りをしている人も見かけます。

      震災で死者なし、被害少ない数少ない漁港という事で、
      震災後早い段階で釣りをしに人があつまったところでもあります。

      湾の反対側の吉浜地区全域を含めても、この海で被災した家屋、亡くなった人はかなり少ないです。

      kokabe031821

      kokabe031822

      小壁漁港にきたことがある方なら、
      この磯や離れた島は見覚えがあることでしょう。


      kokabe031823


      kokabe031824


      またまた釣り人です。
      震災がありました。
      が、レジャーもあっていいのだと思います。

      kokabe031825


      kokabe031826


      小壁漁港の風景の写真でした。





       
      ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
      押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

               ↓↓


       にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
      ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
      2012.03.05 Monday

      北里大卒業生、三陸キャンパス訪問

      0
        JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜

        こんばんは。
        今晩は、雨です。
        雪景色の中の雨です。

        今朝、職場で地元紙をみました。
        北里大卒業生、三陸キャンパス訪問が記事に載っていました。
        今年卒業の学生が卒業式を前に一次撤退している三陸キャンパスを有志の卒業生たちが訪れたとのこと。

        アパートのとなりの学食で働いていた方も招待され、学生たちと久しぶりに交流がもてたと話していました。

        この訪問を実現するために様々な人々の支えがあたのだと思います。
        関係者の皆さん、ご苦労様でした。
        力にはなれませんでしたが、陰ながらOBとしてお祝いしたいと思います。


         
        ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
        押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

                 ↓↓


         にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
        ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
        2011.10.25 Tuesday

        磯ロック

        0
           
          おはようございます。

          昨日は、アップできなくてすみません・・・・。
          理由があります。
          そのことを書こうかと思います。

          昨日は、お休みで陸前高田のSさんと釣りをしようという約束をしていました。
          Sさんの陸前高田は、ご存知のように町の8割を津波で飲み込まれ、復興の工事は進んでいるものの、比較的海からはなれた地域の復興が顕著で、高田松原のある国道45号線付近は、他の被災した地域同様、瓦礫撤去からなにも前進していないようです。

          その高田のSさんは、釣り吉なんですが、陸前高田がこのような状況なので、
          私の住んでいる地域、三陸町に来て釣りをすることが多くなっています。

          そのSさんと釣りに行ったわけですが、
          今回のお題は「磯ロック」。
          これは、磯にいってロックフィッシュをねらうという釣りです。
          ロックフィッシュとはアイナメやソイのことを指しています。
          英語ではたしか、オコゼとかカジカが正しいんだと思いますが、
          まあ、岩に生息しているということで、これでもいいんじゃないでしょうか。


          というわけで、早朝、三陸町越喜来の烏頭にある北里大学海洋生命学部に集合。

          車を大学内の体育館やグランドがあるところにおいて、磯に向います。
          isorock102501

          isorock102502

          isorock102503

          ひとまず、大学構内にある磯へ続く小道をおりていきます。

          isorock102504

          isorock102505


          うーーん、ここは、入り江になっていて、潮通しがあまりよくなさそうです。
          学生は磯採集などをここでするのでしょうか。
          私が学生だった頃は、このような小道はありませんでした。

          アイナメやソイがいる場所は、外に面している波がざっぱーときている場所を好んで生息していうるので、ちょっと厳しいです。

          という訳で、移動します。
          今度はもう少し西側の海岸によさそうな場所がここから見えたので、移動します。
          移動といっても、海岸づたいにはそうそう動けません。
          一度、山のほうに戻って、そこからくだっていかねばなりません。

          ここは三陸のリアス式海岸。
          花崗岩の切り立った岩場です。

          というわけで、山道。

          isorock102507

          上ります。

          isorock102508

          isorock102509

          そして、下ります。
          海が見えてきました。

          isorock102510

          あたりは赤松です。
          赤松といえば、松茸。
          松茸でもみつからないかな〜と、地面をみつつ、下ります。

          isorock102542

          すると、白いキノコが。
          テングタケの仲間だとSさんが言います。
          この仲間は毒のあるキノコがおおのだとか。
          写真をとるだけにしておきます。

          写真でわかると思いますが、かなり急な斜面です。

          isorock102512

          リアス式海岸なんですが、
          日本地図をみてもギザギザした形になっているとおもうのですが、
          実際歩いてみると、その日本地図でギザギザした一つのギザギザしたところも、
          さらにそここがギザギザしたかたちになっていて、山がそのまま海に沈降した様子が見て取れます。

          isorock102513

          アザミです。

          isorock102514

          海岸に出ようとしています。

          isorock102516

          あたりの杉の木は津波の影響でしょうか。
          枯れてしまっています。
          isorock102517

          でました。

          ついに海岸です。
          自然の磯が続いています。

          isorock102518



          なかなか、このような自然の海岸がずっと続いている場所はありませんよね。
          素敵な自然を観察できる場所です。

          isorock102521

          津波の影響でしょうか。
          木材がこのような状況になってしまっています。


          isorock102522


          ウミウもいます。

          isorock102523

          奥のほうの磯の向って進みます。
          振り返ってみると大学が見えます。


          isorock102524

          isorock102525


          足場はかなり悪いです。
          登山靴が必要です。
          できれば、磯をあるける特別なのが一番なんですが。

          isorock102526



          目的地に到着。
          Sさんと私、釣りを開始です。

          釣り方は、ワームと呼ばれるゴム製のものに針をかけて、
          動かして餌にみせながら、魚が食ってくるのを待ちます。


          あたりを探りながらどんどん動いていきます。
          近くの深み、遠く落ち込んでいる場所などを狙っていきます。

          isorock102538



          1時間がすぎたころでしょうか。
          なかなか、つれません。



          あたりには、小さな川が注いでいるところもあります。
          isorock102541

          このような自然な海岸はなかなかないです。



          この地をあきらめ、別の場所へ。
          となりのもう少し奥の場所へ行きたいのですが、
          岩が切り立っていて、遠回りをしないとだめです。

          というわけで、大学に戻って
          車で烏頭の集落を抜けていきます。


          10mさきの岬にいきたいのにかなり大回りします。

          isorock102543

          また、山道です。
          isorock102544
          isorock102545

          薮を抜けていきます。


          釣りと一言でいっても、これは半分登山みたいなものです。



          isorock102547


          そして、目的地の磯に出られました。

          isorock102549

          再び釣り糸をたれます。
          かなりいいポイントです。


          始めてから30分たったところでしょうか。

          Sさんヒット!!


          つり上げます。
          磯なので、糸は太めにしてそのまま魚を引っこ抜かなければなりません。


          あがった魚はアイナメです。

          isorock102534


          40センチくらいはあるものです。
          Sさんは、中型と言っていましたが、私には大物といってもいいです。

          isorock102535


          見事にワームに食らいついています。


          この日の釣れた魚はこの一匹のみ。
          残念ですが、私は坊主。

          でも、秋の清々しい季節に、磯にでて
          楽しい釣りとなりました。


          三陸地方は、青物の季節を終えて、
          磯ロックの季節に入ってきています。




          ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
          押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

                   ↓↓


           にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
          ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
          2011.08.26 Friday

          北里大学、海洋生命学部

          0

            JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜

            おはようございます。

            今週の日曜日は陸前高田でイベントがあるそうです。
            様々な高田に所在していた食堂、レストラン、それから全国から様々な模擬店が出店されるそうです。中には松坂牛を振る舞うお店もあるそうです。私は個人的には陸前高田にあった中華料理店の「みつわ」の料理がおすすめです。

            20店くらいの出店で、すべて食べ放題となっていて、入場料が3000円となっているそうです。詳しくは、他のサイトをご覧ください。

            http://takata-machizukuri.jp/content/event.php





            さて、今朝の写真は北里大学、海洋生命学部です。




            http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110804_1


            こちらのニュースによると、古い3つの建物は今後、取壊しの方向で進むようです
            そう、昔からある、3つのレンガ色の建物3つです。

            kitasato082304

            まずは、大学の顔、事務所が入っていたこの建物。
            大学関係者、大学OB,OGからすると懐かしい建物です。

            kitasato082305

            それから、その隣にある、斜面にたっていたF2と呼ばれた建物。これも取壊しになるようです。

            ここは、昔、マリンホールができる前には、2、3年生の講義室があったり、
            学食、売店があったとろこです。

            kitasato082306

            kitasato082307



            それから坂の下にあるF3と呼ばれるこの建物。これも取壊しです。
            ここは、研究室があった以外に、2、3年生の実習室として使われていた建物です。

            これら、3棟はすべて取り壊しになるという発表がありました。


            このキャンパスがオープンして、30年以上。
            多くの学生がこの地から巣立っていったわけですが、
            その懐かしい校舎は残念ながら、地震で建物自体が傷んだということで、取壊しということになりました。

            なじみのある建物でしたので、正直残念です。



            その他の建物、マリーンホールのあるF4、図書館、最新の建物MB5は、残すとのことです。


            kitasato082302

            それから、大学のキャンパス一時閉鎖にともなって、付近のアパートは、現在のところ、
            建築関係者、被災した方々などに使われている状況ですが、今後、建築関係の方も、大船渡や陸前高田に住み込む場所がないため、三陸町の崎浜に住み込んでいる方も多い事と聞いています。

            大学生がいない今、アパート経営をされている地元の方は不安に思われている事と思います。




            北里大学の三陸のキャンパスが、再び開かれるには、新しい建物を建ててからということになるようです。過去五年は、戻ってこない発表があった今、三陸キャンパスはどのようになっていくのでしょうか。


            今後の発表を注意して見ていきます。



            ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
            押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

                     ↓↓


             にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
            にほんブログ村
            2011.05.31 Tuesday

            越喜来の北里大学と小壁漁港

            0
              こんばんは。

              こちら、岩手県三陸町は寒いです。涼しいどころではありません。
              部屋にいて白い息がでるほどです。
              ウェブの気象情報では8度となっていますが、もっと低いんじゃないかと思わせるほどです。

              さて、岩手県、大船渡市三陸町を綴っています。
              今日は、北里大学海洋生命学部とその先にある小壁(小壁)漁港です。

              北里大学はこれから5年は岩手県のキャンパスを使わずに、教養部がある神奈川県相模原市で授業や研究が行われるそうです。こちらには、学生用の様々な施設やアパートがありますが、大学は閉鎖されていて誰も使っていない状態で、アパートは大船渡市、釜石市、陸前高田市の被災者や建築関係者、教員などが使用しています。

              震災によって多くの家が失われて、被災地の不動産の事情は、新しい物件を見つけるのは困難な状況になっています。そんな中で、三陸町の撤退した大学生用のアパートが残っている訳です。


              そんなわけで、OBとして大学のようすをみてきました。

              大学3

              校舎は損壊しているところはみあたりませんでした。
              15年前の状態とあまりかわりがありません。

              大学1

              下の駐車場からみたところ。
              やっぱり、昔とかわりがありません。

              大学2

              と、その脇をみたら、駐車場からさらに下の海に通じる小道が。
              これは、むかしありませんでした。
              大学なのに、見渡しはいい環境でしたが、海までなかなか出られない場所ではありました。
              そして、ちょっとした丘に休憩所なんかがあって、憩いの場所になっていたのだろうかとおもわせる作りになっていました。




              さて、続いて大学の先にある小壁漁港。
              ここは、人が住んでいない小さな漁港になっています。
              大学から3キロくらいのところです。

              小壁2小壁3

              小さな建物はあったのかもしれませんが、大した被害はみられませんでした。

              小壁1

              ただ、道路は少し痛んでいます。
              車高の低い車は、大変かも知れません。



              ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
              にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
              にほんブログ村
              Calendar
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << May 2018 >>
              PR
              三陸のつぶやき
              三陸へつぶやき
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM