2013.04.19 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.03.20 Tuesday

    三陸町、越喜来の泊地区

    0
      JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜

      おはようございます。
      最近、聞いたお話です。
      大船渡市の立根町のマイヤ、インター店の向かいに、
      ハンバーガーチェーン店のモスバーガーができるそうです。

      モスバーガーは噂では創始者が大船渡出身のかたのようで、
      今までどうしてモスバーガーがお膝元の大船渡にないのだろうか?という声がよく聞こえてきました。

      以前は、釜石、陸前高田にあったのですが、どちらの店舗も今回の震災で流されてしまい、
      沿岸の近くには見当たりません。気仙沼にはあるのでしょうか。


      このような状況になってのモスバーガーの話で、明るいニュースですね。
      高校生とか、ドライブスルーでハンバーガーやモスチキンがうれていくのでしょうね。



      さてさて、
      今日の写真は三陸町の越喜来の泊地区のものです。
      こちらの地区は防潮堤がしっかりしていたのですが、
      土台がさらわれて港が大きな被害を被ったところです。


      現在は、一時的な処置がなされて、漁船もあります。

      tomari031901

      tomari031902

      近くの杉林はやはり枯れてしまっています。
      枯れてしまった林は、あたりをみているときってしまう事が多いです。

      tomari031903


      まだまだ、被災して修繕に取りかかれないたてものもよく見ます。

      tomari031904


      丘をあがると、地震観測所という施設があります。
      三陸町は、北里大学以外に地震関係、航空宇宙関係の施設がいくつかあります。

      のぼってみます。

      tomari031905

      看板にしたがって移動してみると、このような建物がありました。
      古い建物です。
      昔からある東北大学の出先機関だとおもいますが、
      今回の震災でこの位置に設置し様々な研究がなされていくのだと思います。

      しかし、地震の予知というのは、なかなかあたりませんね。
      来そうだという報が、テレビや新聞で発表されますが、
      タイミングよく大きな地震がヒットしたことはあまり今までなかったのではないでしょうか。





       
      ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
      押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。



               ↓↓


       にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
      ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
      2011.12.19 Monday

      積雪のある日の泊地区から小峠、国道45号線

      0
        JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜

        おはようございます。



        昨日の雪ですが、朝は積雪があり、午前中はからっと晴れたため日が当たる場所では溶けてなくなってしまい、午後から風が強くなり軽く吹雪きになりました。

        いよいよ雪のある季節のなってきたという感があります。

        さて写真は昨日の雪のある風景を集めてみました。


        kotoge121801

        三陸町浦浜地区から泊地区方面へ向います。
        さっそく日陰の場所はアイスバーンです。
        気をつけて通行します。


        kotoge121802

        雪道になれている方はご存知だと思いますが、
        積雪後の道路の状態は、日が当たっている場所と日陰の場所では雪の残り具合は顕著に事なります。


        kotoge121803


        泊漁港にやってきました。
        この日はとても西よりの風が強い一日でした。

        泊漁港は道路からの入り口がなくなってしまうくらいめちゃめちゃな被害をうけましたが、
        現在のところ、漁港内は整備され始めています。


        kotoge121808

        様々な機材が漁港内にあります。







        kotoge121806


        kotoge121807

        大手の建設関係の企業の名前がはいった船舶をよく目にします。

        kotoge121809


        kotoge1218010


        被災して使えなくなったテトラポッドがかためられておいてあります。
        三陸町内でも崎浜地区はテトラポッドまでは被害がありませんでしたが、こちらはそうではなく被害は深刻です。

        kotoge121811

        漁港の沖に浮いているように見える防潮堤はもともと左右には続きがあったつくりをしていましたが、被災してこのような状況になってしまっています。
        手前には養殖の筏があります。

        これまでは見かけなかった漁具です。


        手前の建物は泊地区で有名な「民宿とまり荘」です。
        こちらも震災後から営業されています。


        kotoge121804


        kotoge121805


        移動します。


        kotoge121814


        泊漁港の脇を通ります。


        kotoge121815


        漁港の裏側の土地は被災しほとんどの家屋がなくなってしまいました。

        kotoge121816


        それからすでに漁業関係のもので、営業を再開されているところもあります。
        プレハブなどの仮設が事務所になっているようです。

        kotoge121817


        kotoge121818


        泊漁港をあとにします。


        kotoge121819


        三陸鉄道の線路をくぐって、大船渡市内方面の国道45号線に繋がる「小峠」という地域に向います。


        kotoge121820


        kotoge121821

        kotoge121822


        すると、これもまた漁業関連の会社でしょうか。
        プレハブで営業が再開されているようです。

        大漁旗が高々と掲げられています。


        kotoge121824

        網干場という場所があります。
        定置網をやっている会社でしょうか。

        秋から冬場は様々な魚類が定置網にかかるので、地元の魚屋をみるのはとても楽しみです。

        イナダ、スルメイカ、サバ、カンパチなどなど、時にはマグロも入るそうです。


        kotoge121825

        進みます。

        kotoge121826


        前方に白いものが見えます。

        kotoge121827

        日陰にあるアイスバーンです。
        かなり滑りそうです。しかも、坂道でカーブの場所です。
        ガードレールがとぎれとぎれになっている場所です。
        危険極まりないポイントです。

        kotoge121831

        辺り一面うっすらと雪がつもっている場所です。
        谷なので太陽の光が入ってこないため、雪がつもりやすくなっているのでしょうか。

        kotoge121832

        進みます。

        kotoge121833

        またもや、アイスバーン。
        危険な場所です。


        kotoge121843

        徐行ですすみます。
        対向車もくることを想定してかなりゆっくりです。

        kotoge121844

        柿が真っ赤になって熟れています。
        動物や鳥たちの餌になっているに違いありません。


        そうこうと小峠を越えて国道45号線、三陸縦貫道に出ました。

        kotoge121845

        写真では、確認できないと思いますが、雪がけっこう降っている状態です。
        空の色ですこしは想像できるでしょうか。


        kotoge121846

        トンネルをぬけます。

        kotoge121847



        kotoge121848


        この日は大船渡方面でも雪が横に降っていました。




        ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
        押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

                 ↓↓


         にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
        ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
        2011.12.09 Friday

        三陸町越喜来のカフェビアン

        0
          JUGEMテーマ:関東・東北大地震〜被災者に応援メッセージを送ろう〜


          おはようございます。
          穏やかな冬の朝を迎えています。
          近頃は曇りが多くからっと晴れた天候があまりありません。
          時には雪がちらつくこともあります。

          さてさて、今朝の写真は三陸町越喜来にある「カフェビアン」です。
          仕事かえりに近頃は喫茶店でお茶して帰ることもおおいこのごろのなってきました。
          日の入りは4時半頃です。
          (三陸の山々は険しいので綾里地区からだとあっという間に沈んでしまいます。)
          冬至が近いですね。


          そんな日が暮れたあとでは、何かと部屋の中で過ごす事が多くなることと思います。


          そのカフェビアンは夜7時まで営業しています。

          cafevian120202

          最近のお気に入りは、ロイヤルミルクティーです。
          なにか、甘すぎず、他とは違い味に深みがあり、一度試してみたときからのお気に入りです。

          cafevian120201


          他にも大船渡市内ではいくつかの喫茶店がオープンしたり営業していて、
          喫茶店好きな私としては、ゆっくりしたひとときをカフェで過ごしています。



          特に、大船渡市内では大船渡町内に多数の飲食店があり、今回の震災で流されてしまったため、飲食店の数が激減したことになっています。
          その後、震災から9ヶ月がたとうとしていますが、人々に人気の高かったお店は場所を変えてオープンしているものもあります。





          ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
          押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

                   ↓↓


           にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
          ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
          2011.09.12 Monday

          三陸町泊地区

          0
             

            おはようございます。

            大学の時の友達、A君は昨日、千葉に帰っていきました。
            一番近い高速入り口の水沢ま2時間、そのあとも長い運転がつづきます。
            関東から車で三陸地方にくるのはけっこう大変なことです。

            そのA君と朝、崎浜港で釣りをしました。
            朝4時半におきて、5時から釣り糸をたれます。

            天気は雲、風はある程度強い北風。
            なんだか、ルアーの糸が風で南側に流されます。


            一昨日まで、よく釣れていた、銀鮭とイナダ。
            簡単に今回もつれるかなと思ってやってきましたが、なかなか、コンディションもよくなく
            なかなかつれない。朝、7時まで粘ってみましたが残念ながら、釣果ゼロ。

            なんとも、今までの調子のよさをよそに、この結果です。


            青物、回遊魚関係の釣りは、やってみないとわかりません。


            A君またやってきてください。



            さて、一昨日、A君といった夜の三陸町泊地区。
            なんとも不気味でしたが、A君の希望もありいってきました。
            それで、泊川にいる銀鮭はびっくりでした。
            鮭なので産卵のため遡上しているのです!!!


            今日は、綾里の川でも確認しました。
            銀鮭は産卵しようとしています。


            さて、今日の写真は、A君の思い出にちなんで、泊地区です。


            写真は少し前のものですので、晴れています。

            tomari091101




            越喜来の浦浜地区から泊地区に向います。
            奥に見える漁港が泊漁港。


            tomari091103



            泊地区に入っていきます。


            tomari091102


            tomari091104


            ここが泊川の河口の水門。
            右側に川の河口があります。


            Aくんによると、踊り食いで有名な、シラウオはこの川でよくつかまるとのこと。
            最盛期には、そうとうな数が泳いでいるそうです。。

            それから、河口には汽水域に住むハゼの仲間、ウキゴリがいるそうです。

            tomari091105

            泊川の河口です。
            奥の高架橋は三陸鉄道のものです。


            tomari091106

            場所を変えて、
            泊漁港に入っていきます。

            奥に大きな船があります。

            tomari091108


            大手の建設会社の名前が載っています。
            この船は海中にある瓦礫を取り除くクレーンを積んだ大型船舶です。


            津波のあとの引き潮でそうとうな数の家屋、車などが沖へ流されてしまいました。
            海中の瓦礫もとりのぞかなくてはなりません。
            現在、至るところで、この海中の瓦礫撤去作業が進められています。


            ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
            押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

                     ↓↓


             にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
            ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
            2011.09.11 Sunday

            なんと、○○が川を遡上していました。

            0
               


              おはようございます。

              昨日は、花巻の仕事でいってきました。そのあと、大学時代の同期のAくんが千葉から三陸へ遊びにきてくれて、まずは、大船渡で食事。

              そのあと、Aくんは大学のときに、三陸町の泊地区に一軒家を借りて、
              3年間すんでいたちょっとかわった大学生活を送っていた人です。

              泊地区に住んでいたので、
              泊地区、特に泊漁港は彼の調査フィールドになっていたものです。
              もう、それも20年も前の事。
              我々の大学時代からそれだけの年月がたっています。


              盛町の盛駅近くの中華料理「龍華」で、一緒にすませました。
              私は天津飯、Aくんは鳥のうまに丼を頼み、美味しくいただきました。


              tomari091010


              鳥のうまに丼です。
              大船渡でレストランをお探しの方、盛町の「龍華」、おすすめです。

              その後、夜に泊漁港へ。
              川でウキゴリという汽水域に生息するハゼを探し、
              それを捕まえて、泊漁港でクロソイをつるというのが計画でしたが、

              夜も8時に泊川河口へ。

              tomari091001


              暗いです。
              被災地でちょっとおどおどしいところがありますが、
              強力なライトをもって川近くに行きます。



              tomari091003




              すると、なんと・・・・・


              河口の水がたまっているとこに、大きな魚が・・・・



              鮭?

              秋鮭?


              それにしてはまだ季節ははやすぎる。


              なんだ・・・・


              この大きな魚は。


              よくみると、形はどうみても鮭の体型と色。



              よく思い出して考えてみると、これは銀鮭だった。


              川に銀鮭がいる。
              銀鮭が遡上し始めているのだ。

              思えば、近頃、銀鮭がいなくなって1ヶ月。どこへいったものかと考えていたのですが、
              川に遡上していたのです。近頃海で釣れる銀鮭は、お腹を割いてみると、ほとんどの魚体は雌で、中に卵が見られます。

              そして、いくらか、やせてきているような。


              写真にはおさめられませんでしたが
              川に一部の銀鮭が遡上しています。


              ちょっとこの発見は、久しぶりのびっくりでした。 


              泊漁港に向います。
              泊漁港は、防潮堤が大きな被害を受けた地区です。
              入り口がまだ、コンクリートの固まりで塞がってしまっています。


              釣りをする方はまだ、ほとんどいない場所だと思います。


              川でウキゴリをみつけたあとは、それを餌に、クロソイがいるかどうか・・・・



              港の岸壁を見渡します。
              歩いて岸壁をみるのですが、
              海水が防波堤を越えてくるので海藻で滑りやすく、困難な状況。
              それでも、あたりを探します。


              小さいのは見つけました。が、なかなか大きいのが見当たりません。



              ということで、今回の夜釣りは中止ということになりました。



              ためになる情報だと思われた方は下のボタンをお押しください。
              押した先には有用な震災関連のブログリストにとびます。

                       ↓↓


               にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ人気ブログランキングへ
              ブログランキング ランキングはこちらをクリック!
              2011.07.22 Friday

              泊荘と泊漁港

              0
                 

                おはようございます。
                今朝も涼しいというか、寒いです。
                台風の影響ですね。

                さて、今朝の写真は越喜来の泊地区です。
                時間があると泊地区のカフェビアンへいくのですが、
                その帰りに泊荘を横切ります。

                すると、泊荘にとまっている建築関係の方が仕事を終えて
                車から宿舎にもどられるところでした。

                tomari072102

                写真中央よりすこし左にある下がクリーム色上が白の建物がとまれるようになっています。
                近頃は建築関係の方で満室でしょうか。
                車もたくさん泊まっていました。

                tomari072104

                この泊荘も津波が来たそうですが、現在は営業されています。

                tomari072103


                泊荘付近からみた越喜来湾の様子です。

                それから、もう一つ。
                泊漁港のことですが、満潮時にはこのようになっています。
                tomari072105

                わかりますかね。
                写真中央の白波がたっているところが、堤防の上の部分です。

                tomari072106

                震災で地盤が70センチ沈み込んだと言われていますが、
                堤防の上に海水がきてしまっています。しかも、それなりに深そうです。

                tomari072107

                tomari072109

                このような場所は大船渡市内いろいろなところでみられます。

                私が知っているところでは、大船渡市内の赤崎町の清水(しず)から合足(あったり)に向う道はひどいもので、海水が道路にまで及んで満潮時には海水の水たまりの中を車が走らなければならいときもあります。

                車を傷つけたくないという方は、山側の別ルートでこの地区を越えるそうです。
                地盤が下がってしまったという事で、今後、このような港湾はどのようにして修復されていくのでしょうか。



                ランキングに参加しています
                ポチポチポチと応援いただけると励みになります
                押すとサイトに飛びますので、現在の順位が分かります
                         ↓↓


                 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 陸前高田情報へ
                にほんブログ村
                2011.07.13 Wednesday

                夕日とカフェビアン

                0
                   

                  こんばんは。

                  昨日の写真ですが、昨日はとっても夕日が奇麗でした。たしか一昨日も。
                  三陸海岸にやませで霧が発生し、西の空ははれていたので夕日。その赤い光がやませの霧にあたって空がまっかでした。


                  sanrikuyuuhi0712



                  そのときの写真です。



                  現在、カフェビアンにきています。
                  海の見える素敵な喫茶店です。

                  写真はちょっと古いですが、こんな風景を見ながら、お茶ができますよ。

                  cafevian071203


                  cafevian071204

                  上の写真で海に浮いている船。
                  これは海上保安庁のものではないかなと思います。

                  cafevian071202


                  近頃、三陸町の越喜来湾にこういった船をよく見かけます。
                  震災から4ヶ月もたった今、まだ行方不明者がいるということを実感します。



                  ランキングに参加しています
                  ポチポチポチと応援いただけると励みになります
                  押すとサイトに飛びますので、現在の順位が分かります
                           ↓↓


                   にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
                  にほんブログ村
                  2011.07.13 Wednesday

                  被災した企業の代替え地

                  0
                     

                    おはようございます。

                    今日の話題は、被災した企業の仮設オフィスなどについてです。
                    陸前高田や大船渡の大船渡町の企業は、土地が低い地域では再建築のめどが立たず、
                    別の地で営業再開しているところも多いです。

                    岩手銀行は、大船渡市役所の中に仮設の一部の業務を請け負っている職員がいました。
                    陸前高田の生命保険会社のオフィスも高台にある建物を利用して営業にあたっているのを車で通りかかったときに見ました。

                    他にも、これはある業業関係の企業ですが、
                    震災にともなって新しい高台にある土地での事業再開をすすめているようです。


                    広場に網や漁具が干してありました。


                    michishitahyokyou071001michishitahyokyou071002


                    michishitahyokyou071004

                    奥にあるのがオフィスでしょうか。
                    車がとまっています。

                    michishitahyokyou071005

                    大漁旗も風になびいています。
                    三陸沿岸の地域は、やはり漁業を中心とした一次産業が地域経済の基盤ですので、こういった地元の企業が営業を再開していくのは、大きな意味を持つと思います。



                    ランキングに参加しています
                    ポチポチポチと応援いただけると励みになります
                    押すとサイトに飛びますので、現在の順位が分かります
                             ↓↓


                     にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
                    にほんブログ村
                    2011.07.03 Sunday

                    三陸町泊地区の港

                    0
                       


                      こんばんは。

                      昨日から東京に来ています。
                      金曜の夜に気仙ライナーを使い、昨日の朝の5時に池袋駅に到着しました。
                      気仙ライナーは、釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼と東京池袋を結ぶ夜行バスです。
                      昨日のバスの中の様子は、被災地復興に関わる方がいたり、ビジネスマンっぽい人がいたりと、様々でした。バスに乗り込むときに見送りにきていた人もまたなにか震災に関係しているか、被災地で生活する人々で、なんだか離れている人々もなにかかしらつながりがあって様々なつながりがあるのでしょう。

                      反対に、被災地の方々も関東に親戚、縁者がいるようで、たまに関東方面にいらっしゃる方もいて、「東京にいってきました」という声もちらほら、聞こえてきます。被災地を離れると、気分転換になったということを話される方が多いように思います。

                      東京も様々な震災の影響があるものだと思いながら、町を歩きました。
                      駅の自動改札は節電のため使用できる数が減らされていたり、電車の本数が減っていたり、しました。



                      さて、今日は、三陸町、泊漁港の写真です。
                      ここは10年以上前に魚釣りをして、夜釣りで大きなカレイをつった思い出の場所です。
                      防潮堤は大きく崩れて、倒壊していて漁港内の堤防も土地がさがってしまっているためか、
                      大潮の満潮時には堤防が海水につかります。

                      tomari070303


                      泊漁港が一望できる場所に移動します。


                      tomari070304

                      漁港内の建物は、瓦礫が埋もれているものの、建物自体は生き残っているように見えましたが、7月にはいって解体されていました。

                      真ん中にある建物が今回取り壊された建物です。

                      tomari070301

                      拡大します。
                      漁協のなにかかしらの建物でした。

                      tomari070302

                      建築関係の方の話では、一般的に建物がダメージを受けて、半壊もしくは全壊の状態で骨組みが残っていたとしても、強度をはかり、使えないものは取り壊してしまうそうです。

                      さらに、詳しく建物自体に電流を流して、強度を測定するそうですが、
                      その作業も細かく調べないといけないことから、一時は再び使うという方向で動いていたものが、取り壊しになってしまうこともあります。






                      ランキングに参加しています
                      ポチポチポチと応援いただけると励みになります
                      押すとサイトに飛びますので、現在の順位が分かります
                               ↓↓


                       にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ
                      にほんブログ村
                      2011.06.29 Wednesday

                      カフェ・ビアン

                      0



                        崎浜の朝、7次前後は、建設業者の方が関係車両に乗り込んでいきます。
                        現在、学生用のアパートは、被災された方、建築関係者などが、数多く入居されているので、
                        ほとんど、空き家はない状態です。

                        今朝は、昨日までのしとしと雨が降っている状態から、幾分はれている様子。
                        建設業者の方も、瓦礫の撤去作業がしやすい日になるといいと思っています。

                        さて、今日の写真をちょっと前に、いった三陸町越喜来の泊地区の高台にあるカフェ・ビアンにいってきたときのものです

                        まずは、越喜来の浦浜地区から泊地区に向います。
                        浦浜から泊漁港は防潮堤があったのですが、所々破壊されているところがあります。

                        tomari062901

                        tomari062902


                        車を進めます。

                        tomari062904

                        以前あった、松林も海水の影響か、葉の色が茶色に変色しています。

                        tomari062905

                        近くには、まだ被災から手がついていない家屋も見られます。

                        tomari062906



                        防潮堤の大きなコンクリートの固まりが傾いたり倒れたりしてるところを通り抜けます。
                        津波のエネルギーの大きさは、たいへんなものです。

                        tomari062918


                        そして、いくらか、坂を上ったところにカフェ・ビアンがあります。

                        tomari062907

                        ここは、喫茶とカレーがおいしい店として有名で、
                        高台にたっていて窓から海が見える素敵なレストランです。

                        tomari062908

                        震災前までは、夜も営業していたそうですが、
                        震災後は人があまりはいらないらしく、6時ごろまでの営業時間となっています。
                        北里大学が撤退してしまったということも、影響があるのでしょうか。

                        tomari062909
                        駐車場に車をとめて、ありました。
                        カフェ、ビアンです。

                        中にはいって、おすすめの「オムハヤシ」注文します。

                        tomari062913


                        カレー以外にも、コーヒー、パフェ、パスタなど、いろいろおいてあります。
                        三陸町、越喜来地区の繁華街は、浦浜地区の川沿いにあったため、今回の震災でほとんどが流されてしまいました。今、越喜来ある数少ないレストランとなっています。



                        ランキングに参加しています
                        ポチポチポチと応援いただけると励みになります
                        押すとサイトに飛びますので、現在の順位が分かります
                                 ↓↓


                         にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 大船渡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ
                        にほんブログ村
                        Calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << June 2018 >>
                        PR
                        三陸のつぶやき
                        三陸へつぶやき
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM